NACHUの健康日記

家族の健康と、幸せな生活を維持するため、そして子どもたちの明るい未来のためのブログです。

自分の体に入れるものは何が入っているか調べよう

こんにちは、ナチューです。

 

私は高齢者施設でパートをしているので、コ○ナワク○ンの接種対象となっています。

往診で提携しているクリニックでワク○ンを打てますよ〜といわれているので、職員は任意ですが、予約したのち順番に接種しはじめています。

 

メディアは、早く打てと言わんばかりに注射を推奨しますが、なんなんでしょうね。

治験段階で安全性も確認できないものを全国民に打たせるような煽り方をして良いのでしょうか?

そして、私たちは、その情報は本当に正しいのか?

疑う頭をもたなければなりません。

 

完全に情報弱者が痛い目にあう構図となっていますし、情報格差があってはいけないと感じます。

 

ウイルス自体は、メディアがいうほど怖いものなのでしょうか?

毎年猛威をインフルエンザの方が格段に死者数を出しているにもかかわらず1年以上も緊急事態宣言だのやっていますが?

 

年間の死者数だって、一位はずば抜けて「悪性新生物」であるのはまぎれもない事実ですよね。

コ○ナでなくなる人というのはごくごくわずかですし、持病の悪化でたまたまPCR検査をしたら陽性だったというだけで、数だけが増えていくというホラー(笑)

 

だったら「がん」の緊急事態宣言をしましょうよ。毎年インフルエンザの時期には飲食店を時短要請させましょうよ。

という話になりますよね。

 

たった開発してから1年で緊急事態だからといって、治験中であるものだから

何が入っているか分からないですよね。

 

打つ打たないは、自分で決断すればいいことかもしれないけれど、自分の体に入るものがどんなものかは、知ってから判断した方が良いと思います。

 

そのための情報は言論統制されていることでなかなかたどり着けないかもしれないけれど、少なくともおかしいと思えるように気づければいいかな。

そしたら自然と正しい情報にたどり着くと思うから。

 

少しでも悲しむ人、後悔する人が少なくなりますように・・・