NACHUの健康日記

家族の健康と、幸せな生活を維持するため、そして子どもたちの明るい未来のためのブログです。

アップルサイダービネガー(りんご酢)の効果とメリットは?毎日飲む私が飲み方と選び方をご紹介

f:id:cherrylot:20220415025035j:image

体にいいことが世間の常識といわれているお酢。

お酢は、人類最古の調味料ともいわれています。

 

そんな中でも、私が毎日欠かさず飲んでいるお酢があります。

それは、「アップルサイダービネガー」です。

え?サイダーなの?と最初戸惑いましたが、海外でそう呼ばれているだけであって、

「りんご酢」です。

 

皮膚トラブルにはりんご酢を塗られていたように、自然に皮膚を保護することができたり、薬として使われてきたこともあるのです。

 

リンゴ酢はどのように作られるのか?

 

まずリンゴを砕いて発酵させてアルコールにします。

バクテリアを加えてさらに発酵させて、酢酸に変える。

この酸味の成分、酢酸が体に健康効果をもたらすんですね。

 

この過程でできる酵母(マザー)は、にごっていてあまりきれいではないけど、その良質な酵母が体にとっていい働きをするんです。

 

一般的なリンゴ酢はろ過して、残留物を取り除きます。

ですので、一般的なリンゴ酢は、透き通っているんです。

ですが、「無ろ過」「非加熱」のリンゴ酢は、瓶の底のほうに滓のようなものがたまります。

これがマザーというもので酵素やミネラルが豊富に含まれているんです。

 

体にとってメリットがたくさん

リンゴ酢には、体にとっていいメリットがたくさんあります。

 

血糖コントロールの改善・血糖値の低下

インシュリン抵抗性が改善するという研究結果がでていたり、

眠る前に大さじ2杯飲んでから寝ると、早朝の血糖が下がるという研究結果もあるんです。

 

ダイエットになる!?

インスリン感受性が高まることでインスリンが出ないことも理由にあげられますが、

酢酸が肝臓で代謝されている間に、糖から脂肪に変換することを抑えてくれ、脂肪の蓄積を抑えてくれるというとっても嬉しいメリットがあります。

また、満腹感を高めることで、摂取するカロリーが減ったりすることも体重減少につながりますね。また、お腹周りの脂肪が減ったなどの研究結果もあるようでダイエット効果は高いといえます。

 

 

殺菌効果がある

→昔から掃除や消毒につかわれてきたイボや中耳炎にもつかわれてきた

食品が腐るのを抑制させている。

 

血圧・コレステロールの低下

体内の炎症を取り除き、血圧を下げる効果がみとめられています。

便秘の解消

腸を刺激することで、蠕動運動が促されて、排便が促されます。

腸内環境を整える作用もあります。

消化促進を促す

胃酸の分泌を促したり、タンパク質の消化を促進したりする効果があり、消化を促進します。

 

 

飲むときの注意点

体にとって健康効果が高いリンゴ酢ですが、なんでもただ飲めばよいというだけではありませんね。飲み方や、注意点も知っておいた方がいいですね。

 

りんご酢は、お酢の中でも飲みやすいですが、さすがに原液では、濃すぎるので水や炭酸水で薄めて飲んでください。

私は炭酸水で割って飲むのが好きです。

 

いくら体によいからといって、飲みすぎると胃の粘膜が荒れやすくなったり、逆流性食道炎を引き起こしたりする原因にもなります。

飲み過ぎには注意して、一日大さじ1〜2杯を目安に食事と一緒にとるといいでしょう。

 

せっかく飲むなら良質なものを選ぼう

リンゴ酢を購入するのなら、合成着色料、香料、保存料などが含まれていないものを選ぶ必要がありますね。

余裕があれば有機のものを選びたいですね。

 

そして、マザー入りのものならミネラルもしっかり残っています。