NACHUの健康日記

家族の健康と、幸せな生活を維持するため、そして子どもたちの明るい未来のためのブログです。

材料二つのみ!しかもほぼ放置でできる発酵あんこをつくってみた。

f:id:cherrylot:20220406062544j:image

ずっと作ってみたいと気になっていた「発酵あんこ」をついに作ってみました。

あんこは好きです。

だけど、市販のものは、大量に砂糖が使われているものがほとんど。

小豆本来の甘味を生かすことができる発酵あんこ。

つくってみました。

 

材料

小豆

米麹

 

小豆をざるにあげ、洗います。

f:id:cherrylot:20220406043125j:image

小豆250、と水4カップを炊飯器に入れ、

玄米モードで炊きます。

 

レシピによっては、一度茹でて茹で汁を捨てる(アクをとる)とありましたが、

ポリフェノールが流れ出てしまうという理由で賛否両論がありました。

今回は、アク抜きせずにそのまま炊飯で炊きました。(面倒臭いだけか・・・)

 

小豆が指で押しつぶせるようになるくらい柔らかくなればOKとのことでしたので、

不安なので2回炊きました。

 

そして、ヨーグルトメーカーにセットします。


f:id:cherrylot:20220406043138j:image

これはタニカのヨーグルトメーカーです。

 

www.nachuhealth.com

まだヨーグルトしか作ったことがないので、楽しみです。

小豆に少し水を加え、米麹を入れます。

娘にあんこの作り方を知ってもらうために米麹を入れてもらうのを手伝ってもらいます。


f:id:cherrylot:20220406043145j:image

こんな感じでセットします。

大体200gずつ入っています。
f:id:cherrylot:20220406043132j:image

 

60度で8時間にセットします。

 

 

完成!実食レポ!

夜に仕込み、朝方に出来上がりました。

 

米麹の芯が柔らかくなっていればOK。もし芯が残っているようなら追加で1〜2時間発酵させればOK。

 

食べてみます。

「あまーい❤️」

本来の自然な味わいの甘さですね。

もうね、この甘みだけで十分なんですよ。

ガッツリ砂糖が効いてる〜!っていうのは身体が求めていないのです。

 

これはいい。

 

普通にあんこだけでいけるけど、

パンなどに塗って食べるのは最高。

 

f:id:cherrylot:20220406062526j:image

ちょっとしたデザート、お菓子にも合うでしょうね。

 

小豆粥にしても美味しそう。

 

 

小分けにして冷凍してもOKなので、一回にたくさん作ってストックしておこうと思います。

 

まとめ

正直小豆を煮ることが億劫だったのですが、炊飯器で炊くことができると知って、一から作ることが苦ではないということが分かりました。

 

世の中、出来上がった既製品であふれていて、自分で作るなんて、手間と時間がかかるだけ・・・と思いがちですが、全然手作りできるじゃん!と思うことがよくあります。

それで砂糖や添加物をカットできて、体に優しい。